Blog

  • 2020年3月4日
    より善いサービスをするために

    サービスをしている中で、一番大切にしている事は

    「観察力」

     

    読んで字のごとく「観て、察する」力。

     

     

    「今じゃないのに・・・」「こうして欲しかったのに・・・」と。

     

    当たり前にしてくれるサービスで、善し悪しを判断される・・・厳しい評価です。  

     

    私は観察力を上げるために教えている事は、「見る意識」を習慣化させることにあります。

    「見るクセをつけること」ですね。

    では「見る先」はどこなのか?

     

    【顏】

    はもちろん。

     

    今回の見る先は・・・  

    【足】 

     

     

    足の動きというのは、顔の表情以上に人の心理が表れやすいものです。

    なぜなら顔は見られているという意識が強いので、自分でコントロールしようとします。  

     

    しかし、足について人はそこまで意識しません。

    足は無意識の動きが多いため、足を見ると相手の感情を推し量りやすいのです。

    どのような心理が隠されているのかを見ていきましょう。   

     

     

    足を組む人の心理とは? 

     

    足を組むというのは普段何気なくしていることでも、そこにはいろんな心理状態が隠れているものです。

    まずは、足を組む人の心理から見ていきましょう。   

     

     

     

    (1)リラックスしている

    体全体の力を抜くために足を組んでいるケースがあります。

    ただ単に座っているだけでも、人は足に力を込める必要があるもの。

    足を閉じたり、両足をしっかり地面に固定したりするには案外力がいるものなので、足を組むことで力を抜くことがあるのです。

    リラックス目的で足を組んでいる場合は、10分~20分ごとに足の組み替えをすることが多いのも特徴。

    両足を順番に入れ替えることで交互に力を抜いているためです。   

     

     

     

    2)頭を回転させている

    考え事をするときや、しっかりと頭を使った作業をする場合に足を組むことも多いです。

    意識が頭のほうに向かうので、足の力を抜くために足を組んでいます。

    リラックスしている状態と似てはいますが、頭を使っているので真剣な表情になっています。

    この場合も、両足を順番に入れ替えることが多いといえます。    

     

     

     

    (3)自分の魅力をアピールする

    足はセクシーさや強さを表す部位のため、恋愛面で自分の魅力を伝えるアピールとして無意識のうちに使われることも多いです。

    足を組むことで足を強調することができるので、スリムな足や筋肉のほどよくついた足を見せると相手に対して魅力を伝えることにつながります。

    また、足を組むということは自分を大きく見せる効果もあるので、そこから魅力を伝えることにつながったりもします。

    足に手を置いたりして足に視線を集中させようとしている場合は、特に魅力を伝えるアピールであることが多いです。    

     

     

    (4)相手の意思を拒む

    自己防衛や拒絶反応として足を組んでいることも。

    足を組むことでただ座っているよりも少し足が前に出るので、相手との距離を取ることができます。

    足を組まずに座っているときは足が開きやすく、足を開くということは心を開くことにもつながるので、ある程度相手を信頼していることが多いです。

    逆に、足を組んでいるということは「自分の心を開きたくない」という意思の表れであることも。

    この場合、相手から逃げたい気持ちなども生まれている場合があるので、足が相手のほうを向かず横を向いていつでも逃げられる体勢になっていることが多いです。 

     

     

     

     

    お分かりですね。  

     

    カフェや電車の中でちょっと考えてみましょう。

    「この人は今どのような感情なのだろう?」

     

     

    人の心理がわかれば「善いサービス」と思っていただけるかもしれませんね。 

     

     

     

    お客様の気持ちを汲み取り、そして行動に起こすこと。

    これが大切です。

     

     

    Fantagista21

    Category:日々のこと

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 2019年2月16日
      時間

      料理人が食材にこだわり、生産者を訪ねるのと同じ感覚

       

      我々サービスマンが、お客様への
      「満足」「快適」「安心」にこだわるために
      毎日【サービスの本質】を探しています。

       

      先日ふと、ナフキンを折っているときに思ったことがありました。

       

      飲食店を縁の下で支えるクリーニング
      我々に、届くまでどのような過程で生まれるのだろうか?

       

      お客様の快適な空間を演出する美しいテーブルクロス
      我々サービスマンや料理人が心地よく、楽しく働けるための白いシャツやコックコート

       

      あんなに汚れたクロス、シャツがなぜこんなに綺麗に返ってくるのだろうか?

       

      疑問に思ったらすぐに調べる。
      いや、体感しよう、
      そして携わる方に話を聞いてみよう!

       

      行ってきました、

       

      【帝国ホテル】
      ~世界一のランドリーサービス~

       

       

      巷の噂では「落ちないシミはない!」と言われていますが

       

      「落ちないシミなんかないですよ~(笑)」

       

      「ええ???」ちょっとびっくりしましたね。

       

       

      そうお話してくださった現場の方々

       

      驚いたのは
      チーム全員が元ホテルマンだということ

       

      そして

       

      化学と物理に、経験と技術を一瞬で組み合わせて答えを出す判断力とそのスピードでした。

       

      ①検品(目視による確認)?染みや汚れの把握(破損、ボタンの有無)
      ②ダメージの把握
      ③クリーニングの選定(ドライ?水洗い?シミはとるか?生地にダメージ?)

       

      僅か40秒

       

      【当たり前の事を丁寧に】
      お客様が目の前にいらっしゃらなくともシャツそのものがお客様なんですね。

       

      我々飲食店も同じ気持ちを持たなければなりませんね。

       

       

      今回感じたことは

       

      形は違えど

       

      同じお客様の為に
      時間と手間を惜しまないその情熱こそ、

       

      最高のおもてなしを生むのだということでした。

      Category:日々のこと

      • このエントリーをはてなブックマークに追加
      • 2018年6月23日
        人材不足解消のためにすべき事

        私の仕事はメートルドテル

        レストランのウェイターです。

         

         

         

        皆さんはメートルドテルの仕事はどんなことをするかご存知でしょうか?

         

         

         

        「ウェイターだから料理やドリンクを出したり・・・下げたり??」

         

         

        「ソムリエさんみたいに、ワインの銘柄を選んだり、味のコメントしたり・・・?」

         

         

         

         

        それも大切なお仕事です。

        しかしそれはあくまでほんの一部の業務にすぎません。

         

         

         

        一言で説明すると・・・

         

         

         

        お客様が美味しいお料理とワインを、好きな人との会話で幸せな時間を過ごせるよう、

        その『空間を演出するのが本来の仕事です。

         

         

        しかし、レストランは一人ではなにもできません

         

        シェフやサービススタッフなど多くの人力の集結によって成り立っているのです。

        メートルドテルは「人と人を繋げる」のが最も大切な役割だと私は考えています。

         

         

         

         

        さて、本題に入ります。

         

         

         

        【人材不足に悩まされていませんか?】

         

        私の携帯やPCには毎日のように知人や同業者の方から連絡を頂きます。

        その内容のほとんどが・・・

         

        『誰か人、いない?』

        『人いたら紹介してください」

         

         

         

        人材不足は本当に深刻です。

         

         

        私が勤務するレストランも、募集しています。

         

        なぜ人不足なのか?

         

         

        その理由は今も昔も

        【3K】だからではないでしょうか?

         

         

        ・勤務時間長い(休日ない)

        ・給料少ない

        ・希望がない(夢をみられない)

         

        仕事は準備から片付けまで、本当に長い拘束時間です。

        私は今も朝9時~24時でレストランで働いていますが、本当に好きでないと出来ない仕事です。

        How to Speak Good English 英会話がうまくなるには

         

         

         

        だからまずすべきことは

         

        この仕事が楽しく、素晴らしく、誇り、やりがいのある職業だ

        ということを多くの方々に伝える事が私の役割だと思いました。

         

        昨年設立した

        Fantagista21は教育事業がメインです。

         

        高校、大学、専門学校、企業サービス研修、講演

         

        高校生には【飲食の楽しい話】を

        専門学校や大学など芽が出始めた若者には、【夢】と【希望】と【現実】の話を

         

         

         

        そして企業には離職者の減少の為に、教える側の教育をしています。

         

        多くの企業は『教え方がまちがっている』

         

        辞める理由は本人にあるのではない、あなたにあるのです!

         

         

        fantagista21はその人材の性格や気持ちを理解したうえで、店舗に紹介をしています。

         

         

        昨年、夢や希望に満ちたキラキラとした若者が紹介先のお店で潰されることがありました。

         

        昔のように使い捨てのようにされたそうでした。人格否定、教えてくれない、陰口。

         

        せっかく芽がでて育てた貴重な人材を、お店のスタッフによって未来を断たすことは許せません。

         

         

         

         

        そのポテンシャルを引き出しきれていない上司にはご紹介はできません。

         

        では、人材が自分の店にくるにはどうすればよいか?

        答えは簡単です。

        「足を使って探しに行けばよいのです」

        種から芽から育て、大きな木にしていくのです。

         

        「あなたと一緒に働きたい」

         

         

        全国には多くの人材がいます。

         

        先週の地方講習会で素敵な若者を発掘しました。

         

        育てて大きな木にして皆さんにご紹介できたらと思います。

         

        人材不足を解消するため、明日も芽に水を与える旅にでます。

         

         

        発掘➡育成➡紹介

        これが私、メートルドテル宮崎辰の役割。

         

         

        Fantagista21

         

         

         

         

        Category:日々のこと

        • このエントリーをはてなブックマークに追加