Blog

  • 2018年6月23日
    人材不足解消のためにすべき事

    私の仕事はメートルドテル

    レストランのウェイターです。

     

     

     

    皆さんはメートルドテルの仕事はどんなことをするかご存知でしょうか?

     

     

     

    「ウェイターだから料理やドリンクを出したり・・・下げたり??」

     

     

    「ソムリエさんみたいに、ワインの銘柄を選んだり、味のコメントしたり・・・?」

     

     

     

     

    それも大切なお仕事です。

    しかしそれはあくまでほんの一部の業務にすぎません。

     

     

     

    一言で説明すると・・・

     

     

     

    お客様が美味しいお料理とワインを、好きな人との会話で幸せな時間を過ごせるよう、

    その『空間を演出するのが本来の仕事です。

     

     

    しかし、レストランは一人ではなにもできません

     

    シェフやサービススタッフなど多くの人力の集結によって成り立っているのです。

    メートルドテルは「人と人を繋げる」のが最も大切な役割だと私は考えています。

     

     

     

     

    さて、本題に入ります。

     

     

     

    【人材不足に悩まされていませんか?】

     

    私の携帯やPCには毎日のように知人や同業者の方から連絡を頂きます。

    その内容のほとんどが・・・

     

    『誰か人、いない?』

    『人いたら紹介してください」

     

     

     

    人材不足は本当に深刻です。

     

     

    私が勤務するレストランも、募集しています。

     

    なぜ人不足なのか?

     

     

    その理由は今も昔も

    【3K】だからではないでしょうか?

     

     

    ・勤務時間長い(休日ない)

    ・給料少ない

    ・希望がない(夢をみられない)

     

    仕事は準備から片付けまで、本当に長い拘束時間です。

    私は今も朝9時~24時でレストランで働いていますが、本当に好きでないと出来ない仕事です。

    How to Speak Good English 英会話がうまくなるには

     

     

     

    だからまずすべきことは

     

    この仕事が楽しく、素晴らしく、誇り、やりがいのある職業だ

    ということを多くの方々に伝える事が私の役割だと思いました。

     

    昨年設立した

    Fantagista21は教育事業がメインです。

     

    高校、大学、専門学校、企業サービス研修、講演

     

    高校生には【飲食の楽しい話】を

    専門学校や大学など芽が出始めた若者には、【夢】と【希望】と【現実】の話を

     

     

     

    そして企業には離職者の減少の為に、教える側の教育をしています。

     

    多くの企業は『教え方がまちがっている』

     

    辞める理由は本人にあるのではない、あなたにあるのです!

     

     

    fantagista21はその人材の性格や気持ちを理解したうえで、店舗に紹介をしています。

     

     

    昨年、夢や希望に満ちたキラキラとした若者が紹介先のお店で潰されることがありました。

     

    昔のように使い捨てのようにされたそうでした。人格否定、教えてくれない、陰口。

     

    せっかく芽がでて育てた貴重な人材を、お店のスタッフによって未来を断たすことは許せません。

     

     

     

     

    そのポテンシャルを引き出しきれていない上司にはご紹介はできません。

     

    では、人材が自分の店にくるにはどうすればよいか?

    答えは簡単です。

    「足を使って探しに行けばよいのです」

    種から芽から育て、大きな木にしていくのです。

     

    「あなたと一緒に働きたい」

     

     

    全国には多くの人材がいます。

     

    先週の地方講習会で素敵な若者を発掘しました。

     

    育てて大きな木にして皆さんにご紹介できたらと思います。

     

    人材不足を解消するため、明日も芽に水を与える旅にでます。

     

     

    発掘➡育成➡紹介

    これが私、メートルドテル宮崎辰の役割。

     

     

    Fantagista21

     

     

     

     

    Category:日々のこと

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 2018年4月23日
      おもてなしの奥義

      日本人はおもてなし上手だと言われ、

      礼儀正しいとも言われます。

      玄関先でお出迎えする女将さん

       

      しかし、現代の日本人の多くはおもてなしの心を失っているという事も事実ではないでしょうか。

       

       

       

      様々な情報手段の進歩や生活習慣の変化により

      人と人とが直接対面する必要性が少なくなっていることも原因の一つです。

       

       

      日本独自のおもてなしの心とは何なのかを改めて考えた

       

      苔生した手水

       

      ホテルや旅館、サービス業の方々は「おもてなし上手」だと思う一方で、

      そうでない方々はたして「おもてなし上手」なのでしょうか??

       

       

       

       

      街で観察してみました。

       

      ホーム画面に並ぶアプリ

       

      「スマホ歩き」

       

      「コンビニやスーパーなどお店」

       

      「電車の乗り降り」

       

      「様々な場でのアナウンス」

       

       

      相手に対して愛情を持って行動をしているか?

      お客もスタッフも。

       

       

      YesもあるけれどNOの方が多いように感じるのは自分だけか・・・?

       

       

       

      ①「ありがとう」と率先して言う。

       

      ②「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」を目をみてほほ笑む。

       

      ③「歩み寄る」勇気をもつ

       

      ハート型の花で愛情表現

       

       

       

       

      奥義とは

       

      【最も大切な事柄】

       

       

      おもてなしの奥義、すなわち

       

       

       

      【愛】

       

       

       

      日本独自のおもてなしは相手を愛し、静粛に寄り添うこと。

       

       

      その思いを忘れないで、明日もお客様の為に寄り添います。

       

       

      Fantagista21

      Category:日々のこと

      • このエントリーをはてなブックマークに追加
      • 2017年12月5日
        一流になる方法

        私はもともとシェフになりたく、このフランス料理のレストラン業界に足を踏み入れました。

         

         

        ①シェフの白衣と高いコック帽が恰好いい

        ②料理を作る工程が楽しい

        ③「美味しい」と言ってくれる食べ手の顔が見たい

        鶏もも肉のコンフィ

         

        私は多くの一流料理人を知っています。

         

         

         

        一流の基準は?

         

         

        簡単です「料理=5味(酸、甘、苦、塩、辛)+人間味」をお皿に表現しお客様を魅了している人です。

         

        私のいちばん好きな食べ物は、やはり母の手料理。

        ご飯がススム茄子味噌

        おふくろの味=こどもの成長の為に愛情たっぷりの味

        宮崎家では料理に砂糖はほとんど使いませんでした。

         

         

        愛情を注ぎ、食べる人の気持ちに思いをはかり、【人間味】という最後の味を料理に盛り込む。

         

        それが一流の料理人だと私は思います。

         

         

        さて、ではサービスマンに置き換えてみましょう・・・。

         

         

         

        ①タキシードやスーツ、タブリエ(前掛け)&ベストが恰好いい。

        ②お客様が楽しく食事される空間を作るのが楽しい

        ③「今日は楽しかった」と言ってくれるお客様の言葉が欲しい。

         

        テーブルにおかれた銀のナイフとグラス

        ③に関してはちょっと補足を・・・。

         

        厳密には「満足した表情を見られたら嬉しい」

        言葉が欲しいからではなく、純粋な気持ちで、素な気持ちの結果です。

         

         

         

        私は一流のサービスマンを多数知っています。

         

        一流の基準は?

         

        「サービス=5感+人間感」をお客様に提供し、魅了する人です。

        レストランの主役はお客様。出すぎるサービスも時にはいいのですが、基本は黒子です。

        しかし、我々は俳優業でもあるので、時にはスポットライトに当たることもあります。

         

        人間感(本人にしか出せない魅力)をもち、お客様の為に「純粋に向き合う姿勢」が一流のではないでしょうか。

        経験やセンスも必要ですが、経験が浅くても、一生懸命であればだれでも一流になれるのです。

         

         

        逆に・・・二流とは?

         

        ①「料理をモノと思っている人」

        ②「裏で人の事を悪く言う人」

        ③「この仕事に誇りを持っていない人」

        ④「客という発言する人」

         

        ④に関して、お客様はいかなる場合でも

         

        「お客様」「お客さん」なのです。

         

         

        「客」という上から発言は今すぐやめましょう!たとえバックヤードや営業時間以外でも!

         

        そういうスタッフが一人でもいたら、そのお店は「二流」だと思います。

        色々なお店で働いてきて④があるお店は衰退しました。

         

        お客様と料理人に敬意を払い、

         

        我々サービスマンは汗をかき、人間味のある温かいサービスをして

         

        皆が温かい気持ちにさせるのが「一流のサービスマン」です。

         

         

        一流の料理人が、一流のサービスマンと協力し、お客様に最高の瞬間を演出する。

         

        そして、「うちの店は一流」とは決して発言せず、

        心の中で叫びましょう。

         

        一流という評価は、お客様がしてくださいます。

         

        経験がなくとも、若い方だろうが、どこで働いていようが

        お客様を思う気持ちがあるのなら

         

        私はあなたが一流のサービスマンだと尊敬します。

         

         

         

        Fantagista21

         

        Category:日々のこと

        • このエントリーをはてなブックマークに追加