Blog

  • 2019年3月22日
    2019年 第18回 メートル・ド・セルヴィス杯開催決定

    今年で18回目を迎える、レストランサービスコンクール
    「メートル・ド・セルヴィス杯」が開催いたします。

     

    今回のコンクールは、来年の世界大会の日本代表選考も兼ねております。

     

    1. 予選(1次審査)
    【プロフェッショナル部門】
    課題郵送し期限内に返送する
    ・課題Ⅰ 筆記問題 レストラン、サービスに関わる知識
    ・課題Ⅱ 指定食材による料理/レシピ作成
    ・課題Ⅲ 指定テーマによる論文

     

    【学生部門】
    課題郵送し期限内に返送する
    ・課題Ⅰ 筆記問題 レストラン、サービスに関わる基本知識
    ・課題Ⅱ 指定テーマによる論文

     

    ◆1次審査方法
    予選課題の合計得点 プロフェッショナル、学生部門ともに上位12名が2次審査進出

     

    8月 6日(火) エントリー締め切り
    8月 7日(水) 予選課題郵送
    8月22日(木) 課題提出期限(当日消印有効)
    8月26日(月) 1次審査選考 2次審査進出者本人へ通達(メールにて発表)
    8月27日(火) フランスレストラン文化振興協会(APGF)のホームページにて2次進出者の氏名を掲載

     

    ※プロフェッショナル部門2次進出には再度エントリーが必要(詳細はメールにて伝達)
     再エントリー完了した者にはその時点で2次(準決勝)及び決勝審査要項を郵送します。
     学生部門は再エントリーの必要なし。

     

    2. 2次審査(準決勝)
    2019年9月18日(水) 9:00開始予定
    会場:東京・フランス料理文化センター(FFCC)
         〈非公開審査〉

     

    【プロフェッショナル部門】
    ・課題Ⅰ 実技課題 生ハムとフルーツカッティング (指定時間内)
    ・課題Ⅱ 外国語によるオーダーテイク(指定時間内・英語又はフランス語)
         課題メニューは再エントリー完了時に郵送
    ・課題Ⅲ 外国語によるワインテイスティング(指定時間内・英語又は英語)
         シャンパーニュ、ワイン 各1種類をテイスティングしてゲスト役の審査員の質問に答える
    ・課題Ⅳ チーズの知識(指定時間内)問題傾向は再エントリー時に郵送

     

    【学生部門】
    ・課題Ⅰ 実技課題 フルーツカッティング (1種類・指定時間内)
    ・課題Ⅱ 外国語による料理説明(指定時間内・英語又はフランス語)
         課題料理のメニューは当日配布

     

    ◆2次(準決勝) 審査方法
    予選持ち点と2次審査合計得点の合算、両部門の上位6名が決勝進出
    (プロフェッショナル部門はアンダー29コンクール優勝者はシード出場)

     

    ◆ 結果発表 同日9月18日(水) 同会場内にて審査終了後に決勝進出者の発表(17:00~予定)

     

    ◆ 決勝当日の審査方法及びスケジュールは結果発表後に本人に手渡します。

     

     

    Category:お知らせ

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 2019年1月22日
      2019年3月11日(月)@名古屋 サービスセミナー開催のお知らせ

      2019年3月11日(月)エルダンジュNAGOYAにてサービスセミナーを開催いたします。

      日 時:2019年3月11日(月)
          13:00〜15:30
      場 所:エルダンジュNAGOYA
          名古屋市中村区名駅南4−1−3
      料 金:5,000円/お一人様
      TEL:052ー551ー8222
      FAX:052ー551ー8117
      担 当:後藤

       

      Category:お知らせ

      • このエントリーをはてなブックマークに追加
      • 2019年1月17日
        2019年1月18日(金) 新著発売のお知らせ

        FG21事務局です。

        1/18(金)に宮崎辰の新著

        『世界一のメートル・ドテルが教える 利益を生むサービス思考』(光文社新書)

        が発売となります。19日には全国の書店さんに並ぶ予定です!

         
         

        撮影:相澤琢磨(光文社写真室)

         

        サービスは、おもてなしではありません。
        サービスは「商品」であり、お店や企業の「営業ツール」であり、「ブランドの源泉」でもあります。
        宮崎辰が新時代のサービスを詳らかにします。

         

        ▼目次
        第1章 サービスとは「技術」である
        第2章 サービスとは「手間」である
        第3章 サービスとは「コミュニケーション」である
        第4章 サービスとは「見た目」である
        第5章 サービスとは「働き方」である
        第6章 サービスとは「循環」である
        第7章 サービスとは「トキ」であり、「モノ」である
        第8章 サービスとは「幸せ」である
        終 章 伝説のサービスマン・秋山隆哉氏に聞く

        Category:お知らせ

        • このエントリーをはてなブックマークに追加